Master Cheng Yen Each day I can open my eyes, it is the birth of a new life, a new beginning to start life afresh

林修「1ヶ月頑張れるか頑張れないかで一生が決まる」

by 林 修(東進ハイスクール現代文講師)

林氏が入試1ヶ月前の受験生を前にして言う言葉。

合格でも不合格でも、1ヶ月頑張ったのであれば問題ない。

でも、1ヶ月頑張らなかったのに合格したら、「自分は1ヶ月も頑張れなかった人間」という思いを持って、この先生きていかねばならなくなる。

また、1ヶ月頑張れる人は1年頑張ることができ、1年頑張れる人は10年頑張ることができ、10年頑張れる人は一生頑張れると説明。

だからこそ、1ヶ月頑張るという経験を、10代のうちに(勉強に限らず)しておかなければならないのです。

Reference:フジテレビ




−−

”Each day I can open my eyes, it is the birth of a new life, a new beginning to start life afresh.

ー Master Cheng Yen
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)