「自己」に関する成功者の言葉

「自己」とは、興味や関心など自分自身に関すること。成功者の「自己」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者)

アインシュタインは1915年、11歳だった息子ハンス・アルベルトにあてた手紙のなかで、次のような楽しげなアドバイスを与えている。ハンス・アルベルトは当時、ピアノの習得に励んでいた。
「きみがピアノに喜びを見出したことを、父さんはとてもうれしく思っているよ……(中略)……自分が気に入った曲を弾きなさい。たとえそれが課題曲じゃなくても。
何かをしているときは、すごく楽しいと、時が経つのを忘れてしまうよね。何かを身につけるには、これが一番なんだ。実は父さんも、研究に熱中しすぎて、お昼ごはんを食べそこねてしまうことがあるんだよ」

Reference:アインシュタイン、ファインマン、マスクに学ぶ「高速学習の秘訣」

スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)

すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ

ー スティーブ・ジョブズー無謀な男が真のリーダーになるまで(上・下)

Reference:世界を動かした成功者、12人の珠玉の名言

田辺 茂一(紀伊國屋書店 創業者)

いわゆる人生の意味というやつは、与えられた時間内で自分のしたいことをするだけのことでさあ

Reference:「人生とは与えられた時間内でしたいことをするだけ」(田辺茂一)【漱石と明治人のことば247】

−−

”If I, deaf, blind, find life rich and interesting, how much more can you gain by the use of your five senses!

ー Helen Keller
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

理系のキャリアを研究している元銀行員