「目的」に関する成功者の言葉

「目的」とは、実現しようとしてめざす事柄のこと。成功者の「目的」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

夏目 漱石(小説家)

真に作家たらんことを志すならば、日常座臥(ざが)の修養が大切で、周囲の物事を見るにも、何ごとかをするにも、つねに作家としての意識を以て臨まねばならない

Reference:「文学者たらんと欲せば漫然として年をとるべからず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば322】

堀江 貴文(実業家)

(自分のやりたいことを見つけるには)とにかく色んなことをしまくるしかないですよ。いつ見つかるかは時の運です

Reference:堀江貴文「やりたいことが見つからない若者は色々なことに挑戦しまくって小さな成功体験を得ることが大事」

戸田 智弘(作家)

”第一に、夢(将来のあるべき自分)と現在の自分のギャップを自覚しているか?

第二に、そのギャップを埋めていく戦略や戦術をぼんやりとでもイメージできているか?

第三に、夢に向かって懸命に努力し、一歩ずつでもその階段を上がっているか?

この3つの条件を満たしているとき、その夢は「将来実現したい願い、理想」という意味になる。しかし3つの条件を満たしていないとその夢は、「空想的な願望、心の迷い、迷夢」という意味になる

Reference:働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

−−

”If you aim higher than you expect, you could reach higher than you dreamed of

ー Richard Branson
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

理系のキャリアを研究している元銀行員