「目的」に関する成功者の言葉#3

「目的」とは、実現しようとしてめざす事柄のこと。成功者の「目的」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

アンドリュー・S・グローブ(インテル 元CEO)

正しい野心というのは、会社の勝利を第一の目標とし、その副産物として自分の成功を目指すものである

ー HIGH OUTPUT MANAGEMENTー人を育て、成果を最大にするマネジメント

Reference:世界を動かした成功者、12人の珠玉の名言

澤田 秀雄(HIS 創業者)

「それにしても、どうして旅行会社がエネルギー事業とか農業(植物工場の運営)とか、まったく関係のない分野に手を出すの?」

そう疑問に感じた読者がいるかもしれない。しかし、私の頭のなかでは、すべてがつながっている。

旅行業は平和産業である――。それが私の持論だ。昔からそう言い続けているが、2016年にヨーロッパ各地でテロが相次ぎ、ヨーロッパ旅行も壊滅的に減ったときは、改めてその思いを強くした。

湾岸戦争のときも、9・11同時多発テロのときもそうだったが、海外旅行をする日本人が「ゼロになるんじゃないか?」と思うほど激減する。エイチ・アイ・エスのお客様の大半はビジネス目的ではなく、観光目的の個人客なので、影響がよりビビッドに出る。平和であってこその旅行産業なのだ。

では、なぜ戦争が起こるのか? 大半はエネルギーか食糧の奪い合いである。だから、より安い価格で、より安定的にエネルギーや食糧を提供したい。それがエネルギー事業や植物工場を始めた理由である。

より安く安定的に提供するには、生産性を高めることが不可欠だ。だからロボット事業なのである。「変なホテル」はロボットの実証実験の場でもある。ロボットが仕事をしてくれれば、人間の余暇も増える。

そうして世の中が平和になり、余暇が増えれば、安心して旅行を楽しんでもらえる。かつての「本業」である旅行業にも大きな恩恵があるわけだ。

きれいごとだと笑われるかもしれないが、エイチ・アイ・エス・グループの企業理念は「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」。私は本気でそれを実現したいと考えている。

Reference:「変なホテル」はなぜ大成功したのか? 社長がはじめて秘密を明かす

森本 稀哲(元プロ野球選手)

僕は当初、練習すればするほどうまくなると思い込んでいたのですが、そんな僕に新庄さんは、「バットを置きなさい」と言ったんです。「あれだけ練習しても打てねえんだったら、今のお前に必要なのは、バットを置いて頭を使うことじゃないのか」というわけです。(中略)

これはきっと、「自分はどんな選手になりたいのか、頭を整理して一度見つめ直したほうが、結果につながるんじゃないか」と伝えたかったのだと思います。要は、頭でっかちになってしまってパフォーマンスに悪影響が出るのなら、もっと自信を持てる方向に切り替えるべきだ、ということでしょう。

Reference:【森本稀哲】順調な野球人生でなかったからこそ、得た学びがある

−−

”We have an unlimited capacity to love. The only thing that limits our capacity to love are the conditions we place on loving

ー Iyanla Vanzant
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。